高校留学についての情報がいっぱい!

このサイトでは、高校留学におけるニュージーランド留学中の滞在方法の種類を紹介します。
大きく分けて「ホームステイ」・「学生寮(レジデンス)」・「フラットシェア」の3つがあり、それぞれ防犯面に不安がある、現地の文化を知りやすいなどメリットデメリットがあります。
国際交流や語学スキルのアップなど、自分の目的にあったものを選択することができればより良い留学生活を送ることができますので、参考にしてみて下さい。

高校でのニュージーランド留学中の滞在方法の種類

高校でのニュージーランド留学中の滞在方法の種類 高校留学のステイ先にニュージーランドを選ぶのなら、滞在方法について知っておく必要性があります。
滞在方法の種類には大きく分けて「ホームステイ」・「学生寮(レジデンス)」・「フラットシェア」の3つがあり、それぞれメリットデメリットがあるので自分の目的にあったものを選択しましょう。
「ホームステイ」はホストファミリーと一緒に過ごせるため学校以外の場所でも日常会話で語学力を上げることができますが、相性が合わないこともあります。
「学生寮(レジデンス)」は同じ学校の学生とたくさん交流ができたり、寮の管理人がトラブルの相談にのってもらえるなどのメリットがありますがルームメイトを選べません。
「フラットシェア」は家賃が安いですが、防犯面が気になりますので高校留学にはあまり向かないと言えるでしょう。
予算や安全面を踏まえたうえで選択するようにして下さい。

ニュージーランドの高校留学で滞在はどうすればよいか

ニュージーランドの高校留学で滞在はどうすればよいか ニュージーランドに高校留学を考えている人は、勉強とともに生活についても疑問や不安を持っているかもしれません。
特に知らない土地で、全く面識がない人と英語でコミュニケーションをとる必要があるため、滞在方法についてはよく知っておきたいものです。
高校留学を考えている人は18歳未満のことが多いと思われます。
そうなると、ニュージーランドでは18歳以下の人はホームステイが義務付けられているため、必然的に滞在の方法は決まってきます。
そしてホームステイでは3食提供することが義務付けられているので、基本的に食事の心配はありません。
費用面では、食事が提供されることで生活に必要な費用は交通費や日用品などになるため、予算も立てやすいでしょう。
ホームステイでは、どんな家庭で過ごすことになるか心配になる方もいるかもしれませんが、ニュージーランドでは留学生の生活保障に関する規定がきちんと定められていて、定期的に留学生と面談する機会が設けられます。
また、ホームステイ先のチェックも年に2回されることになっているので、トラブルにならないよう国からサポートが受けられるので安心です。
また、ホームステイ先が合わないと感じる場合は変更することもできます。

高校留学についてもっと調べる

高校留学 ニュージーランド

新着情報

◎2020/11/13

留学滞在中の友達の作り方
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

保護者代わりになる人の探し方
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「留学 ニュージーランド」
に関連するツイート
Twitter